どうして頭皮にもニキビはできるの?

あごニキビについて | 大人ニキビとエステの情報サイト

おとなニキビの特徴にあごや口周り、首などにできるニキビがあります。

思春期のニキビは皮脂が活発に分泌されることにより、おでこや頬を中心にニキビが増えます。 しかしおとなニキビは顔の下半分にできることが多いです。

特に、あごニキビなど口周辺のニキビはストレスが原因と言われています。 ストレスの多い生活をしていると、ホルモンバランスや自律神経の乱れにつながります。

そこから、内臓器官に影響し、あごニキビなどとなって現れるのです。

ではホルモンバランスの乱れがなぜあごニキビを引き起こすのでしょうか。 ストレスが溜まると、女性の場合は男性ホルモンの分泌が盛んになります。 すると皮脂の分泌も盛んになります。

あごというのは、男性で言えばヒゲが生える部分で男性ホルモンの影響を 受けやすい部分です。 よって、ストレスが溜まる→ホルモンバランスが崩れる→男性ホルモンが活発になる →皮脂が分泌される→あごニキビができる、という図式が出来上がります。

あごニキビの厄介なところはまた目立つことです。 炎症を起こして赤ニキビなどになると、アゴのラインがデコボコになるほど ひどくなることもあります。 それでも特に女性の場合はメイクをせざるを得ず、余計に皮脂などをつまらせて悪化するばかりです。

あごニキビを治す、予防するにはやはりストレスを溜めない、自分なりの 発散方法を見つけることにほかなりません。 良質の睡眠を摂ること、栄養バランスの優れた食事を摂ることも、体にとっては ストレス解消法もひとつになります。

入浴の際には、シャンプーやリンスを済ませたあとに洗顔をすることで、それらの 成分が顔に残らないようにします。

また、あごは洗顔の際に最後に洗顔料や水がつたう場所なので、洗い残しがないように
意識することも大切なポイントです。洗顔後は、化粧水などでしっかりと保湿をしてあげます。

あごニキビはストレスが溜まったサインとも取れますので、できた場合には今一度
自分の生活を見直すチャンスと思って、ケアしていきましょう。

↑ PAGE TOP