どうして頭皮にもニキビはできるの?

ニキビ跡が残る人、残らない人の違いについて

ニキビは、顔や背中だけではなく頭皮にまでできてしまうことがあります。 頭皮の前頭部や頭頂部は、皮脂分泌が多くニキビができやすいのです。 ストレスやホルモンバランスの乱れによって、過剰に皮脂分泌が行われてしまいます。

特に頭皮は、汗や皮脂がたまりやすく、それ以外にもシャンプーなどのすすぎ残しや、 刺激が強く頭皮に合わないなど、洗剤が頭皮に詰まって炎症を起こしてしまうようです。

頭皮の毛穴の詰まりを予防するためには、十分な睡眠、バランスの摂れた食事、 ストレスをためないなどして皮脂分泌を抑えるようにすることが大切です。

そして、皮膚の表面には、不要な物質を残さず、清潔を保ちましょう。 汚れや細菌を残さななければ、毛穴が詰まりにくなります。

また刺激の強いシャンプーなどでお肌に合わない場合があります。 多くの商品があり、選ぶのに苦労しますが、なるべく天然成分で低刺激のものを選ぶようにしましょう。 コレは、普段のメイク・ファンデについても同じことが言えます。どれを選べばよいか分からないときは、 刺激の弱いパーフェクトBBクリームを選ぶとよいでしょう。

また皮脂や汚れがきになるからといって、ゴシゴシとあまり強く洗ってしまうと、 必要な皮脂まで落としてしまい、その分を補おうとして皮脂分泌が行われてしまうので注意してください。

また頭皮にニキビができたら、皮脂分泌を抑える、清潔に保つ、紫外線から守るなどを注意すれば、 ほとんど改善が見られると思いますが、それでも治らない場合は、皮膚科に相談に行くことをおすすめします。

皮膚科で受けられる治療には、ケミカルピーリング、イオン導入、レーザーフェイシャルなどの治療があり、 皮脂分泌を抑え、ターンオーバーを正常にしてくれるので、結果ニキビの治療につながります。

頭皮できる赤いできものは、ニキビだけによるものではありません。 脂漏性湿疹という可能性も考えられます。

これも過剰な皮脂分泌やホルモンバランスの乱れによるものですが、 ニキビとは治療法が異なりますので注意が必要です。

↑ PAGE TOP